加藤がおすすめする4つの雪止め対策

自宅の屋根につもる雪がお隣の家に落雪しないか、歩行者や道路に落ちるのではないかと、屋根に積もる雪を見上げれば心配になると思います。
そこで、加藤が提案する具体的な落雪対策を4つご紹介します。


落雪を未然に防ぐ!加藤製瓦おすすめの4つの落雪防止装置

1、雪止め瓦

雪が止み気温が上がりだすと屋根から雪が滑り落ちます。積もった雪が一気に落ちてくると、人や物に当たってしまうといった被害につなってがしまう可能性もあります。加藤のおすすめする1つに雪を食い止める雪止め瓦というものがあります。「雪止め」の役割は、屋根の上で雪を止めてゆっくりと溶かしていくという、考え方です。

平板瓦

雪止め瓦

和風瓦

雪止め瓦 ※写真をクリックで実際の雪を止めている写真をご覧いただけます。




瓦の真ん中にわっかがあり、その部分が雪を止めます。

雪止め瓦は1枚ずつ差し替え可能です。

今の自宅の屋根にもっと数を増やしたい、落雪をさらにくいとめたいから1列だけではなく2列にいれたいなど自由自在にできます。
雪止め瓦について詳しくはお問合せください»


2、雪止め金具

1の雪止め瓦と性能はほぼ同じですが雪止め瓦との違いは、わっかの部分を金具で対応しております。数ある雪止め金具の中でも当社では金属製で錆びにくいものを使用しています。屋根の形状や種類によって様々なタイプがありますので、その屋根に最適な雪止め金具をご提案させていただきます。 詳しく知りたい方はお気軽にお問合わせください»

雪止め金具 瓦をめくり垂木に正確にステンレスビスでビス留めします。
雪止め金具 L字アングル 昔は瓦の間から番線をだして縛っていましたが今は専用のアングル金具というものがありますので美観を損ないません。 和瓦、平板瓦に取付けられます。


3、ゆきもちくん(雪止めネット)

どうしても雪を道路に落としたくない、お隣の家への落雪を防ぎたいと考えている方へおすすめするのがこちらの「ゆきもちくん」です。 ネット部分で雪を押さえ雪を落としません。上記の雪止めと併用して使うとさらに効果が期待できます。
ゆきもちくん(雪止めネット)について詳しくはこちらから»

ゆきもちくん(雪止めネット) ・落雪でカーポートや車がへこんでしまった・隣の家へ雪が落ちて心配・屋根の雪が道に落ちてしまい困っているといった方へはこちらをおすすめしております。


4、無落雪屋根(金属瓦)

屋根全体を葺きかえるという方法です。金属瓦ミラノはガルバリウム鋼板に天然石チップを付着させた屋根材。屋根表面の凸凹により雪が落ちにくい構造になっています。勾配屋根でも積雪を屋根上で止め、雪止め金具と同等の効果が実証されています。
金属瓦ミラノについて詳しくはこちらから»

無落雪屋根(金属瓦) 写真は「3年前の大雪時」を撮影しました、無落雪です。